Silicon Valley

なぜシリコンバレーが強いのか?

シリコンバレーとは?

シリコンバレーとは、アメリカ西海岸サンフランシスコ南部に位置する地域のことを指します。Apple・Google・Facebookなど、世界最大規模のIT企業が本社を置いていることに加え、成長が期待されるスタートアップが集まり、大学・VC・法律事務所などと共創する仕組み(エコシステム)が発展していることから、巨額の投資が世界中から集まっていることが特徴です。「シリコンバレー」という名称は、シリコン(半導体の主原料のケイ素を指す)からきており、特定の都市を指しているわけではないため、集積するIT企業の数とともにその範囲も広がり続けています。近年では、地価・物価が高騰したことで、サンフランシスコに拠点を移すスタートアップも増えており、「シリコンバレー」にはサンフランシスコも含まれつつあると言えます。

シリコンバレーの強みは、その地域の独特の文化にあると言われています。まず、特筆すべきは世界中の最も優秀な層の人達が集まっている事でしょうか。そういった人たちの中での競争に生き残るのはかなり難しいので、最後まで残る事が出来た企業やサービスは世界にインパクトを与えるような存在になっている事もしばしばあります。また、世界中から人々が集まる事からも多様性を認める文化があり、外国人にとっても非常に住みやすい環境とも言えます。さらにシリコンバレーには失敗を許容する文化があり、その失敗を次のビジネスに活かしていくので優秀な人々が次々とチャレンジし世界を変えるようなイノベーションを起こし続けています!

シリコンバレーのエコシステム

シリコンバレーのエコシステムは元々スタンフォード大学の学生が大学での研究をビジネスに応用したところから形成されたと言われています。現在は大学での研究を応用しビジネスにするためのインキュベーターや起業をサポートするVC、法律家などがシリコンバレーに集まっています。また、そのスタートアップにとって恵まれた状況を求めて世界中から優秀な起業家やエンジニアが集まり、現在のシリコンバレーのエコシステムを形成しています。シリコンバレーの最大の強みは失敗を許容し、シリコンバレー全体で失敗を活かす事が出来る仕組み作りが出来ている事かもしれません。

もっとシリコンバレーを知るために

​こちらのドラマでは、シリコンバレーで世界を変えるような製品を開発するスタートアップを描いています!スピード感のある展開で面白く、現地のリアルな生活をイメージできますので、是非ご覧ください!

こちらは、Facebookが設立された当初から成長企業となるまで、一連の流れをCEOマーク・ザッカーバーグとともに描いた映画​になります!スタートアップが急成長するスリルとともに、起業することをイメージする契機にもなりますので、オススメです!

こちらの映画では、Appleの創業者スティーブ・ジョブスが会社・事業をつくることで、世の中に大きなインパクトを与えていく様子が描かれています!シリコンバレーの創世期について知るきっかけにもなりますので、ぜひご覧ください!

Books about Silicon Valley

Startups and Innovation in Silicon Valley

ロゴをクリックするとページに移動する事が出来ます。

 
ルーテックスロゴ 最新 サイトヘッダー.png
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトLinkedInのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン