​東アジアのビジネスハブ

Singapore

シンガポールとは?

シンガポールは、東南アジアのマレーシアの南に位置する都市国家であり、「スタートアップ国家」と呼ばれるほどに、急速に経済を発展させました。シンガポールは、1965年の建国後わずか30年ほどで、1人当たりのGDPは50,000ドルを超えて日本を上回る世界10位となりましたが、この急速な発展の背景には、政府が人材・企業の誘致や起業支援に積極的に投資したことやNUS等の大学が起業活動を促進・啓蒙したことがあります。現在では、シンガポールは、非常にビジネスのしやすい国として認識されており、GoogleやFacebookなど、多くのグローバル企業が支社を置いています。

​シンガポールのエコシステム

シンガポールのエコシステムには、以下の2つの特徴があります。

1つ目は、シンガポール政府が起業家への助成金や特許の商業化サポートなど、スタートアップの支援を重点的に行っていることです。また助成金や制度だけでなく、スタートアップの成長を加速するファンドや施設の設立や海外企業の誘致等にまで、政府が重点的に関わっていることも注目されます。

​2つ目は、NUS等の有名大学が起業の啓蒙活動やプログラム、インキュベーション施設を積極的に運営し、さらに留学生を世界中から誘致していることです。NUSが運営するインキュベーション施設としてはBLOCK71が有名であり、多くのNUS出身のスタートアップが集まっており、出身国の異なる多様な人材が存在することが注目されます。

​シンガポールは東アジアの中で、地理的にハブ的役割を担いやすい位置にいます。そのため、世界各国からFacebookやGoogleなどの大手IT企業が進出して、アジアの統括支社を設置する事例も多いです。また、海外企業の進出のみならず、海外人材の教育プログラムやTech in Asiaなどの有名イベント・ハッカソンが開催されることも多いです。このように東アジアの首都のような役割をもつことがシンガポールの大きな強みとなっています。また、従来から金融業が盛んであったこともあり、近年ではFinTech分野が注目されています。

もっとシンガポールを知るために

シンガポールのエコシステムについて、現地で働く人々にインタビューしつつ説明している動画です!

シンガポール現地の様子について、さらにリアルに理解できるのではないでしょうか!是非ご覧ください!

  シンガポールのFinTechの祭典のプロモーションビデオです!是非ご覧ください!

Books about Startups

Startups and Innovation in Silicon Valley

ロゴをクリックするとページに移動する事が出来ます。

 
ルーテックスロゴ 最新 サイトヘッダー.png
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトLinkedInのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン